読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間失脚

恥の多い生涯を送っています

【ライブレポ】2013.5.20 The Birthday×MANNISH BOYS WEEKEND LOVERS'13 @新木場STUDIO COAST

なんとなくバーッとやりたいなぁっていうのと、久しぶりにThe Birthdayのライブ見たくなったので、フラッとWL新木場行って来ました。

(前にバスデ見たのはまだイマイ脱退前、それどころかMOTEL RADIO~の頃という……)

したらめっちゃプレミア感満載で超楽しかったのでおぼえがき。

音楽とかわかんないオタク女のレポートなんで、あらかじめすいません。

前説:せっちゃんゆうちゃん(笑)

オープニングSEでWEEKEND LOVERSのテーマ、そこにFC東京のユニフォーム着用のチバとせっちゃんが登場

チバ、WEEKEND LOVERSのテーマをワンフレーズ歌う →客大歓声

続けてFC東京長谷川アーリアジャスールの応援歌を上機嫌で歌うチバ。一部のファンも一緒に歌う

チバ「ヴェルディファンの人ごめんね」

この辺で歓声。せっちゃんは客席に愛想を振り撒き、チバは恥ずかしそうに頭を掻く

和義「最近ランコポポビッチ…??さんはどうなの」

チバ「あぁポポ?」

和義「ポポ」

チバ「監督?」

和義「監督」

チバ「いいよ」

和義「じゃあ、ネマニャヴチチェビッチさん??は」

チバ「ネマ?」

和義「ネマ。 ネーマーニャヴチチェビッチ!」(手に書いたカンペを思いっきり読んでる)

チバ「www おま、卑怯だぞ!!」

和義「(かぶり気味に)ビッチばっかり」

和義「ネマニャヴチチェビッチさんは何人なんですか?」

チバ「知らない。ブラジルじゃない?」

客「セビリア!」

和義・チバ「セビリア?」

チバ「サンキュー」

和義「ふうん」

和義「平山は?」

チバ「平山は…伸び悩んでる(笑) でも、6月はいいから」

和義「ルーカスは」

チバ「ルーカス、ルーカスこの前胸で決めたよ」

和義「巨乳なんですか?」

チバ「巨乳だね(笑)」

ふたりで巨乳のジェスチャー。笑

和義「こんな話をしに来たんじゃないんだ!」

和義「せっちゃんでーす!」

客「キャアアアアアアア!!!!!!」

チバ「(先程までの上機嫌が一転し、俯いて憮然としつつ小声で)……ゆうちゃんです」

客「ギャァァァァァアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!wwwwwwwwww」

和義「wwwwwww」

チバ「や、やれってゆーから!!!」

和義「WEEKEND LOVERS終わっちゃうね」

チバ「次は野球やろう、野球!」

和義「野球!?」

チバ「野球なら酒飲みながら出来る!」

和義「サッカーはやんないの」

チバ「やんない。見るだけ」

和義「サッカーは酒飲みながら出来ないんですか」

チバ「できない。サッカーは、酒飲みながらやったら、死んじゃう」

和義「俺は全然わかんないんだけど、サッカーって審判がよくピー、ピーって笛吹いてるじゃないですか、あれはなんなんですか?」

和義「あれはオフサイドってやつなんですか?解りにくいからぜんぶなくしちゃえばいいのに」

チバ「それは連盟に言ってください!(笑)」

和義「だんだんちょっとずつゴールが大きくなったりしたらわからないんじゃない?」

和義「ホームとアウェーでゴールのサイズが違ったり」

チバ「あぁ、いいねソレ(笑)」

チバ「(そこまでのgdgdを強引にぶった切って)……そんな感じだ!!」

チバ「じゃあいつものやるぞ、今何時?」

客(戸惑いながら6時45分とチバに伝える)

チバ「6時45分だよ!」

客「……全員、集合!!!」

チバがHeavenstampの呼び込みをし、せっちゃんゆうちゃん捌ける。

ぶっちゃけコレが見れるんじゃないかって期待でいっぱいだったww

せっちゃんが「いつか引きずり出す」と明言、直前の名古屋公演のヤバトーンズというお膳立てがあったことでほぼ間違いなくやるでしょう!とニヤニヤしながら行きました。

もちろんこれだけが楽しかった訳じゃないけど、やーこんなレアなコンビが見れて、始まる前からホントに「行ってよかった」と笑いを噛み締める。

FC東京ネタはまったくわからないものの、チバの得意なネタで固めて、大事故には至らなかった感。

チバが「ゆうちゃん」と言わされる時だけものすごく照れてたのが印象深いww

後のせっちゃんのMCから察すると、あのユニフォームはチバの私物だったのか??

ちなみに背番号はないやつでした。

OA:Heavenstamp

ビークルのマシータが加入したって以外前知識なしだったので、このオッサンだらけのイベントに紅一点の女性ボーカルにまずビックリww

濃いファンばかりの客層の中やりづらかっただろうなぁ……

ボーカルの子もギターに加わった時のシューゲっぽい感じがかっこよかったっす。

マシータのドラムはなんか「タンーッ、タンーッ」って感じで独特だなぁ。

先攻:The Birthday

セッティングにキュウちゃん出てきてたけど、みんなキャーとかワーとか言わないんだなぁって、いつも見てるバンドのファンの人達との違いを感じる……

バスデ登場の前にたっつぁんと堀江氏が出てきて呼び込み。

前説の立ち位置を越えようとする堀江氏をたっつぁんが「前説はこの線から出ちゃいけないんだよ」と制す。

達也「すごいのが出て来たねー、ゆうちゃんせっちゃん? Heavenstampのみなさんやりにくかったでしょ、あの前説の後で(笑)」

袖にまだいるらしきHeavenstampとアイコンタクト。

達也「この男(堀江さん)誰だって思ってるでしょ、MANNISH BOYSでベースとキーボードを担当してもらってる堀江博久

堀江さんが客に向け挨拶。

達也「泣いても笑ってもこれが最後!楽しみ尽くすぜェ~アホんだら~~ッ!!」

The Birthday登場。チバは白いタンバリン持って、マイクに向けてチャカチャカ

01. 涙がこぼれそう

最近は冒頭をメンバーに歌わせるのが流行ってたそうだけど、最終日は通常通り客に。

チバが場所ではなく、「きょうはWEEKEND LOVERS最終日!」と叫んでスタート。

あったまってないうちに歌わされるのは恥ずかしかったけど、あのイントロから始まるライブってのもカッコイイな。

02. Buddy

サビ後のブレイクからのフジケンかっこよすぎて死んだ

03. 2秒

04. カレンダーガール

イントロでチバがハルキにタンバリンを渡して、ハルキが後ろ向いて手を頭の上に掲げて叩く。

どの曲間か忘れたけど、この辺で

客(「シャツ似合ってるよー!」とかなんとか言ったらしい、聞き取れなかった)

チバ「あたりまえだろ!」

チバ「おーだー…めいどだよ。(ドヤアァァ」

といったやり取り。ちなみに真っ赤なシャツ。

オーダーメイドという言葉が思い出せなかったのか、ちょっと間が空いてからのここ一番のドヤ顔に笑ったww

05. あの娘のスーツケース

久しぶりみたいで歓声上がってたな。

「でも高円寺は好き」の「高円寺」を「飛田給」に代えて歌う。

FC東京ほんとにすきなんだなぁww

06. SATURDAY NIGHT KILLER KISS

07. 狂っちゃいないぜ

08. ALRIGHT

「ALRIGHT」が聴けるとは思わなかったのですごい嬉しかった。

マイクのエコーが響く。ラストカッコ良すぎる~~!!

今回他の会場ではバラード枠は「BITCH LOVELY」みたいだったから、そっちも聴きたかったんだけど。いつか聴きたい

09. Red Eye

ミラーボールが回って会場全体に赤い光が反射。スゲーカッコイイ! 新木場はこれが良いよなぁ。

始まる前に、チバが「きょうは、スペシャルゲスト、堀江博久、ホリヒロ!」と紹介して堀江氏がキーボードで参加。

ジャズ系アレンジでかっこ良かった~~ いよいよ増して「Red Eye」が飛び道具感満点の曲に。

ギター下ろしたチバはのっけからゴキゲンで変なダンスを踊りまくるww

堀江さんソロでは堀江さんの方を腕をいっぱいに伸ばして指さしながら、「ホリヒロ!」と合いの手を入れたり。

ギターソロでも同じようにフジケンの方を指さしたり。

なんかこの時、膝に手を当てて屈伸運動の膝のばしてる時みたいな姿勢になって休んでるのがおじいちゃんみたいだったなww

「Red Eye」のライブでの扱いは聞いていたので、自分の目で見れて良かったな~ すっごい楽しかった!

曲の終わった後、なんの余韻もなく颯爽と舞台袖にいった堀江氏に気づかず、彼を紹介しようとして、

「ホリッ!……あれ…?」「あ、あいつ逃げんのはえーな!」と苦笑いするチバが本日のハイライト。笑

10.READY STEADY GO

11.ローリン

ローリンのコール&レスポンスはじめて経験!たのしい!

「Oh、Oh、Oh~♪」とのやりとりに続いて、声にならない甲高いガナリ声で叫んでたのが「ニ"ャニ"ャニ"ャーッ!!!」って聞こえてなんかかわいいww

やっぱりチバはチバダンスでステージの右端の方とかまで移動したりゴキゲン。

【2013.5.30追記】そういえばローリンだったと思うけど、チバ、イントロのハープの入り間違えてたと思うww

「次は、マママママママ、ママーママーマ(ちょっと節付き)マニッシュボーイズ!」と後攻のMANNISH BOYSの紹介をしてThe Birthday終了。

本当に最初から最後までチバが上機嫌でおかしかったww

バスデのライブってこんな和やかな雰囲気になったの??って、以前のライブの印象との違いにビックリ。

アラバキから髪が短くなったって聞いてたけど、チバはこれくらいの髪の長さがいちばん若くカッコ良く見えるなぁ。

フジケンが黒いハットを被ってたのがちょうカッコ良かった!

最後のセッションの時なんかは立ち位置もあって、フジケンが斉藤和義バンドの人って感じに見えたんだけど、バースディのときはバンドのイメージに合わせた立ち居振る舞いにしてるんだなぁって思った。

はじめてライブでフジケン見たけど、身長高いから存在感もあるし、すっごいカッコ良かったなぁ~~

後攻:MANNISH BOYS

MANNISH BOYSの登場前に、キュウちゃんがハットに「I♥ 宮島」Tシャツ姿でひとりで登場ww

キュウ「皆さん私が誰だかわかりますか」

客(「キュウちゃーん!」と声が上がる)

キュウ「広島で登場した二人組、ミヤジマンズの片割れです」

キュウ「ミヤジマンズは音楽性の違いで解散し(笑)、きょうはひとりでミヤジマンとして来ました」

キュウ「WEEKEND LOVERSもきょうで最終日、寂しいです!来年もやりたいと思います!」

客(歓声)

キュウ「そのためには皆さんのお力添えが必要です。昨今流行りの……Twitterとかで呟いて下さい!(笑)」

キュウ「誰か来てくれると思ったけど、ホントに誰も来ないな(笑)」

MANNISH BOYSの待機する舞台袖を恨めしそうに向きながらそんなことを言って、MANNISHのふたりを呼び込み。

MANNISH BOYSはシングルの「天使とサボテン」、「CRAZY NURSE」しか知らないもので、セトリはよそさまを参照ください……

いちおうRO69のレポとか参考に。http://ro69.jp/live/detail/82570?rtw

以下は印象に残った場面とかMCとか。

達也のボーカル用マイクが倒れる倒れる。その度に駆けつけてマイクスタンドを支えるローディさんが大変そうだった……

しかし倒れそうなマイクをうっちゃって、立ち上がってドラム用のマイクをひっつかみ叫ぶたっつぁんのカッコ良さはヤッバイ!!

達也「かかって来いやぁーーッッ!!殺すぞオメェラ~~ッ!!」

達也「バースディだかなんだか知らねぇけどよーーッッ!!!」

達也「……大ファンで~~す(笑)」

唐突なマジキチヤンキー節からのおちゃらけた表情への豹変、さすが中村達也さんっス……というのを冒頭にして思い知らされる。

達也「あいつら4人もいて卑怯だから、こっちも助っ人を呼ぶぜぇ~っ!」

達也「……もっと後だった(笑) あっぶねぇ~あっぶねえぇ~~(笑)」

客(爆笑)

和義「ついに前説に、チバくんを引っ張りだしてやったぜぇーー!!!」

客(大歓声)

和義「ウッシッシッシッシ~~」

和義「楽屋でチバくんが、初めて見る表情してました。」

和義「笑っているのか、怒っているのか、泣いているのか……」

達也「真似して」

和義「(チバの声真似で)『やぁ、やるしかねーだろ……』って」

一同(爆笑)

和義「なんかよく分からないんですけど、ユニフォームを、これを着ろと着せられて」

達也「何ビッチだっけ」

和義「ネマニャヴチチェビッチと、ランコポポビッチ

達也「乱交なんてすごいね」

和義「乱交でビッチだからね」

和義「(おもむろに)マンコポポビッチ……」

達也「おい、きょう収録入ってんだよ!!!!!」

和義「そうだった」

客(爆笑)

達也「今のは「白鳥の湖」って言ったんだよね」

客(大爆笑)

(「黒塗りのセダン」の前で)

和義「このユニットを組むキッカケになった、たっつぁんと初めてレコーディングした曲です」

達也「いゃ~、暑い」

和義「暑いね」

達也「バースディの後はいつも暑い」

和義「暑いね、なんでだろうね」

達也「ね」

和義「ね」

(「天使とサボテン」の前で堀江氏を招き、紹介)

和義「堀江さんは、くるりとかコーネリアスとかthe HIATUSとかLOVE PSYCHEDELICOとか……最近ではThe Birthdayとか(笑)」

登場時に降りてきた「MANNISH Boys」の垂れ幕は堀江氏の登場とともに一旦撤去。

堀江氏は「天使とサボテン」ではベースで参加。

エフェクターを踏み込む際にクネるせっちゃんが脚が長くてカッコイイ~~!!

「DIRTY BUNNY」は全編達也がボーカルというかセリフ担当。大槻ケンヂ的センスを感じる……

この曲では堀江氏はキーボード等で参加、エレクトロな浮遊感ある曲。

青い照明の演出とよくマッチする。

せっちゃんはここまでも「ドラムスボーカル、中村達也!」と頻りに紹介をしてたけど、この曲の終わりには「ボーカルサンキュー!」と付け足していました。

「Oh Amy」の前だっただろうか、堀江氏がおもむろに「What a wonderful world」を弾き始め、ミラーボールも純白のライトで回り出す。

そこでせっちゃんとたっつぁんでアイコンタクトし、ふたりが社交ダンス風に踊りだすww

達也が一度ターン、その後ふたりで一緒にターンし、幕間劇は終了。

なんなんだこの自由なグループはwww

和義「WEEKEND LOVERSでここ1ヶ月色んなところを回りましたが、たくさんお酒を呑みました。」

和義「いつも最後まで残っていたのは、俺とチバとキュウちゃん……」

達也「最後までお付き合い出来ずすみませんでした」

和義「いえいえ。」

和義「俺の役割は…猛獣つかい(笑)」

客(苦笑)

達也「(チバの真似らしい?)『ピーチクパーチクつぶやいてんじゃねーッ!!』」

なんか微妙なニュアンスだったんだが、前説の件をTwitterでつぶやくのを牽制されたらしかったww

そんなチバくんのバースディの曲云々~って前フリから、「涙がこぼれそう」カバー。

せっちゃんが堀江氏を指さして、冒頭部分を堀江氏に歌わせる。声高い!

達也「(電話を取るフリで)プルルルルル…、プルルルルル……、ガチャ あ、チバユウスケ?」で演奏スタート。

せっちゃんの歌う「涙がこぼれそう」は、そのままCMソングにも紅白にも持ってけそうな感じ。あらためて良い曲だなぁって思った!

それ以上に、やっぱりドラムがなんといっても中村達也のドラムになってて、原曲とはまったく別の印象。イケイケwww

最後にまた「MANNISH Boys」の垂れ幕が降りてきて、「MANNISH BOYSのテーマ」でシメ。

このグループの存在を最初に聞いた時、「えっ、接点ありそうでなさそうだけど、どんな縁だよww」って思ったもんだけど、

やっぱり印象的だったのが、せっちゃんファンのオネーサンたちとたっつぁんファンのオニーサンたちの毛色の違いだなww

「達也ァ!!!」と怒号が響いたと思ったら、それに張り合うように「せっちゃーん♡」と黄色い声の上がるカオス。

あとは言い方に語弊があるかもしれないけど、マニッシュはまだ音源も少ないしよくわかんないとこあるから、バースディ目当ての人のが多いかな~って思ってたんだけど、全然そんなことなかった!周りのオネーサンたちみんなせっちゃんファンだった!!!笑

マニッシュ見てすごい思ったのが、たっつぁんのオーラというかスター性というか。

BJCとしては知ってたし、各方面でのご活躍っぷりはお伺いしてましたけど、初めてライブで見て、ドラムの強烈な個性と極道っぷりと力の抜け加減のバランス、あのさじ加減はホントにカリスマだなーと今更になって思いましたよ。

んで、盛り上げ方というかメリハリというか、そういう締めどころのわきまえも、流石いろんなことやってる人だなぁと。

せっちゃんとのやり取りはほんとテキトーゆるふわなんだけど、曲はガッツリ、なんかその抜き差しが、お二方とも歴戦の猛者だなぁと。

すげーいい雰囲気のステージだった。またマニッシュ見てー!!

EN:MANNISH BOYS → セッション

しばしの間を置いて、せっちゃんがバンジョーを持ち、マニッシュのふたりと堀江氏がステージに戻ってくる。

和義「みんなの歌の時間だよ!」

トレーラーで見て気になってた「ざまみふぁそらしど」。

間奏中に達也が「コワモテのオニーサン、1曲だけ付き合ってよ(笑)」と語りかけるww

和義「ここからがおたのしみ、危険な時間だよ~」

達也「デンジャラスターイム」

和義「俺達にも何が起こるかわからないー(笑)」

達也「覚悟はいいかぁ!!!」

ここでマニッシュによる「Sixteen Candles」の演奏、客大歓声

スタッフがわさわさ出てきて、高速でセッティング。

せっちゃんは歌い出しのところの先は「にゃ~にゃ~にゃ~」ww

せっちゃんによる呼び込みで、ハルキ、フジケン、キュウちゃん、チバと登場。

ハルキはニット帽、フジケンはバースディのときも被ってたハットにピンクのシャツ、チバは誕生日Tシャツ(黒)にキャップ後ろかぶりと、キュウちゃん以外帽子をかぶって登場。蒸れないのか……

チバは缶ビールを両手に持って、1本はせっちゃんに渡し、乾杯!

チバボーカルで「MANNISH BOYS」のテーマに乗せて、「Heavenstamp!」「ババババースディ!」「ママママニッシュボーイズ!」「きょうはいないけど村上淳!」とWEEKEND LOVERSメンバーの紹介。

チバの口から「ババババースディ」が聴けたのがうれしいww

それから、チバ「この1ヶ月で作った曲」と、The Birthday+MANNISH BOYS+堀江博久7人体制での新曲披露。

なんだこのハッピーハッピー人類皆兄弟の忘年会感はww

「WEEKEND LOVERS 週末の恋人よ~」と日本語詞のすごく可愛い感じの曲。

「シンデレラ」とか「星の王子」とか言ってた気がする。

最後に既存の「WEEKEND LOVERS」のテーマ。

それぞれのパートに見せ場があり、堀江さんの隣(チバの真後ろくらい)に立ったハルキパートではチバがぺたんこ座りしてハルキが見えるようにしてくれた。笑

それからドラムパートではキュウちゃんがチバになんかネタフリされたものの、応えられずww

しかし2台ドラムが並んで、それぞれ全然タイプの違う太鼓が響くってのが、すげー圧巻でした。

新曲とWEEKEND LOVERSのテーマでなんかシングルとか出すのかな~って気がした。

ピースフルでめっちゃイイんだけど、まだガキんちょだからかこういうのなんかムズがゆいなww

某MDC事務所の社歌を彷彿とするというか……ww

曲の終わりに袖からサッカーボールが2つ差し出され、客席に投げるよう指示。これにはチバも苦笑い。

1つ目はせっちゃんからのパス(手)にチバが頭で合わせ、良い感じに客席に。球体だから客の頭上を転がる転がる。

2つ目はせっちゃんが低めにパス出し、足で合わせようとするも、ボールは足を掠めただけで、すぐ真下の客席最前に転がり落ちるwwwwwww

いやぁ……絶対やってくれると思ったけど、流石の期待を裏切らないポンコツっぷり……!!!(ごめんなさい)

この日のチバは本当に最初から最後までチバユウスケだった。笑

ラスト、スティックを投げ帰っていくキュウちゃんをたっつぁんが呼び止め、最後にふたりで両手を振って「また来年~」と挨拶。

この分だとほんとに来年もありそう……また行きたい!!!

着ていたTシャツを脱いで客に放り投げるキュウちゃんを受け、ベルトを外してズボンのチャックを下ろし始める達也さんと、それに乗っかってベルトを外すキュウちゃんww

ふたりがズボンを脱ぎかけながらステージを去っていき、プレミア感満載のどんちゃん騒ぎは終了したのでした。

いやぁホントに楽しかった~~~

自分のようなあまりディープでもないファンが、こんなスペシャルな日に参加してよかったのかと申し訳なくなるくらい。

出演者的に絶対満足できることは保証済みだったし、そこまでのライブレポを読んでこれは楽しそうだなぁ~と期待してたけど、その期待値を軽く超えていきました。

このメンツの組み合わせ最高だ~~ 本当に来年もやってほしい!!!絶対行く~~!!

んで、後日譚。

この日なんとまさか吉井さんが観に来てたとは……!!!

「せつ子かわいかった♡」て……うおおぉぉぉおお………!!!!!

コーストは関係者席見やすいからちょっと気になってはいたんだけど、なんでチラッとでも見なかったんだ……

2日前、5月18日の福島公演は、諸事情でライブビューイングも見に行けず、福島限定パンフも買えないしですごい悔しい思いしてたので、そこで吉井さん見れてたらすごい嬉しかったな。

吉井さんとせつ子の仲睦まじさを完全に舐めてたわ。笑

やっぱりTriad的に考えて吉井さんはチバくん後輩扱いなんだろうか……

終演後の楽屋とか打ち上げとか顔出したんかな~あ~たのしそう~~見たいぃ~~~

いっそう脳内ロックンロールおじさん人的関係図がしっちゃかめっちゃかになりました!!!!!