読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間失脚

恥の多い生涯を送っています

【イベントレポ】2016.05.15 THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE -09&10発売記念イベント 第1回公演

未だSideM熱が冷めるどころか熱すぎて日常生活に支障きたしまくりのわたくしですが、いかがお過ごしでしょうか。
前回のバイジョリリイベレポ以降、キャラホビのSideMステージを観に行ったり、運良く1st LIVEも現地で参加できたりと、色々なイベントに参加してきましたが、ついぞレポを書かずじまいだったのを大変後悔しております。

しかし今回は、ついにずっと応援してきたCafé Paradeに声がつき、CDが発売され、そのリリースイベントに行けることとなり、これは絶対に自分の見たこと感じたことを余すことなく記録しておかなきゃなと思い、久しぶりにレポートを書いた次第です。

Café Paradeと一緒に声のついた神速一魂も、これがまた曲がめちゃめちゃ良いんだ……!
とくに《オレたちの最強伝説、~一世一代、破羅駄威棲!~》みたいなライブで盛り上がること必至の曲はだいすき。
バイジョの時も最強のアゲアゲ↗曲の《JOKER↗オールマイティ》がオルスタで見れるなんて…!とすごく自分の幸運を噛みしめていましたが、それと双璧を成すようなライブ曲になるであろう最強伝説までリリイベで見られるラッキーに本当に感謝です。


それでは、以下思い出せるだけ思い出して全部書いたレポっす!
なお基本的にカフェパレPなのでレポートに偏りがある部分はご了承ください…でも中の人たちほんとみんな大好き。
1万4千字あるからお時間あるときにどうぞ。

 

 

会場に入場すると、09&10収録曲のインスト音源が流れていて、否応にもテンション上がります。
今回は「生狩野翔が見たい…!(笑)」という一心で、おそらく狩野さんはセンターだなという憶測でセンターに陣取る。
SEで流れるインスト音源に合わせ、誰からともなく《DRIVE A LIVE》にコールを入れ始める客席。
前に03&04のリリイベに参加したときは、まだコールもカッチリ決まっていなかったので、その後のイベントや1st LIVEを通じて"お決まりの"という空気が徐々に出来上がっているのを感じる。
最初はコールだけだったのが、徐々にほとんどカラオケ状態にww
何も言わずとも勝手にパートに分かれて歌い出す客席。

まずは、ランティスの2代目山村(眼鏡が2つになってるww)からイベントに関する諸注意。
「会場内での水分補給は行って大丈夫です」との連絡に「たそ~」「みずたそ~」とコールが聞こえてくる。それはさすがにうるさいww

今までのリリイベの場合、奇数番ユニット1曲目→偶数番ユニット1曲目、偶数番ユニット2曲目→奇数番ユニット2曲目、って流れが通例だったと思ったので、手に神速カラーの白、そして朱雀の赤、玄武の青(黒ってアナウンスされる前に買ってしまいました……)のペンライトを装備
していたところ、なんか颯爽と現れ立ち位置に着くCafé Paradeの5人!
え!!え!?!?と混乱しつつ慌ててペンライトを持ち替えるやいなや、1曲目《Café Parade!》のスタート。
周囲の皆さんと「1曲目はバーニンクールだと思いますよ~」というお話をしていたので、その節は本当にすみませんでしたという感じ……


01. Café Parade!



立ち位置は前列左から児玉さん・小林さん、後列左から狩野さん・古川さん・天﨑さんの順。2番では前後が逆に。
ポジション変更はかなり行うものの、基本的にこの曲では古川さんがセンター。この曲はアスランパートが他とはちょっと特別扱いなので、なるほどという感じ。
基本的に左右のステップにチョコマカとした細かい上半身の動きがつく感じの振り付け。キレッキレである。
Aメロで印象的なのは「今宵は~」のところだったか、後ろを振り向いてのジャケットプレイ!カッコイイ~~!
全員ジャケットスタイルなので、何かしらそれを使ったり脱いだりするんだろうなと思ってはいたものの……いやしかしカフェパレのイメージよりちょっとワイルドというか雄っぽい振り付けにびっくりしました。
Bメロでは歌う順番に縦に並び、1人ずつ横にはけていく。最後尾の狩野さんが最後にステージ前面に出てきて左右に動きながらソロパートを歌い上げる。我らがリーダーって感じでめちゃめちゃカッコイイところ
1番はあんまり覚えてないけど2番の狩野さんが出てくるところで狩野さんが人差し指で頬杖をつくようなポーズ(?)をとって、めちゃめちゃキメ顔してたのが忘れられないのだ……
今回は本当にはじめてのステージということもあり、カフェパレ一同はかなり緊張した感じ。
CDで圧倒的歌唱力を見せつけた(聴かせつけた?)古川さんも「メインディッシュにしようか?」はかなり荒ぶってた、というか歌い出しであんなとこから入るの無理でしょう……
でもちょっと上ずりながらもいよいよ自分のパート!歌うぞ!という感じの古川さんの笑顔が良すぎて、思わず上げる予定じゃなかった悲鳴を今日イチな大声で上げてしまった……
Bメロの狩野さんソロパートも高くてかなりキツそうだったけど、でも狩野さんはめちゃめちゃ元気に歌ってくれた。嬉しい……
サビの振付は手でお盆を持つようなしぐさをしたり、手をグーにしてワイパーしたりとかなりかわいい。サーカスのところでふらふらするのかわいい~
振り付けに見とれてて「まるで~魔法のような~~」のところのパート分けに聴き入るのを忘れた…不覚……!でも違和感なく聴こえていたのでほんとすごいなぁと。
Cメロでは歌う順番にスポットが当たって、最後に古川さんが高らかに歌い上げる。ここの部分めちゃめちゃ大好きなんですけど、歌もだんだん安定していっててほんと良かった……!
そのあとの間奏では5人で手を円陣を組むように差し出して、そのままくるくる回る。
それから大サビの「ようこそー!」の高音は児玉さんと小林さんのふたり。ほんとパート分けが難しくてよく踊りながら歌えるな……と普通にすごいと思ってしまう。
アウトロのコーラス部分ではめまぐるしく、それぞれ交差するように縦横無尽に動きまわってよくぶつからないなと普通に感動。しかも歌いながら……!
リリイベの会場ステージは本当に狭く、5人乗っただけでもぎゅうぎゅうな感じなので、文字通りステージ狭しと動きまわってるといった感じでした。
カフェパレは去り際もお辞儀したりと優雅。そういえばカフェパレチームがはけるときはほとんど毎回狩野さんが最後まで残ってくれてた気がする。

カフェパレ5人が退場し、交代にステージに立つ神速一魂のおふたり。
中央にふたりがスタンバイして曲スタート。


02. バーニン・クールで輝いて



ふたりがステージ中央に立ち、たしか益山さんが拳を挙げてスタンバイ
ギターのイントロがCD版よりワンフレーズ長くなって、そこからボーカルスタート。
神速一魂はふたりの身長差を活かしてなのか、前後にふたりが並んで片方がしゃがむような、立体的な感じの振り付けが多い!
あとは胸の前で手をおにぎり(?)みたいにする振り付けとか、リーゼントみたいに額に拳を当てるポーズとか、けっこうコミカルな振り付けが多かったかな。
でもおふたりとも動きがすごく男っぽくてカッコイイ!
それからやっぱりステージ中央でくっついて歌うところが多かった…やっぱり2人ユニットはふたりの仲の良さというかニコイチ感をすごく出してくるなぁ。
「メンチ切ってやるぜ…!」で実際にメンチを切りあう顔は早く色んな人にものすごく見て欲しい……!
CDで聴く分だとちょっと爽やかすぎるかな、っていうのと隙間が気になるな、って感じの曲だったんですが、ステージはほんとめちゃめちゃアツかった…パフォーマンスと熱気ですごいライブ映えする曲でした。
最強伝説のほうで全力で叫ぼうと思ってたのにもう早くもバテるくらいだったww
CD収録の「Oi Oi Oi!」の部分だけでなく、間奏でもめちゃめちゃ煽られるので、それに応えて全力で拳振ります。たのしい~~!
それから大サビ前の台詞の部分、多くのレポでも出ているように、ライブ特別仕様で玄武くんパートを益山さんと深町さんふたりで分けて、最後の「…共に行くぜ!」をふたりで言います。ちょ~カッコイイ!互いの腕をクロスするのもあり、大きな歓声が上がる場面。
しかしとにかく益山さんの煽りの上手さが際立つ。体も大きいしめちゃめちゃステージ上で目立つんだよなぁ。


2曲が終わり神速一魂チームが舞台袖にはけ、交代で内田雄馬さんが登場。
神速一魂のライブがとてもアツかった!という話と、ちょうどドラスタのリリイベが1年前だったので、それを思い出したという話。
Café Paradeと神速一魂の2組をもう一度呼びましょう!という言葉を受けて観客一同で2組を呼びこむ。

左から内田さん、益山さん・深町さんの神速コンビ、狩野さん、天﨑さん、古川さん、児玉さん、小林さんのカフェパレチームと並び、まずは「きょうはありがとう、プロデューサー(番長)さん!」と一斉にあいさつ。
ここ以外にも、お辞儀をするところではカフェパレチームは必ず片手を前にしてうやうやしい執事風なお辞儀。流石です……!


その後、ひとりひとり自己紹介。

益山さん「きょうはここを日本一バーニン!な会場にしましょう!」の一言に歓声。続いて「ではみなさん良いですか!?せーの、1,2,3,バーニン!!!」と、前日の315プロNight!で言っていたプロレスラーばりのマイクパフォーマンスで会場を沸かせる。

続いて深町さん。自己紹介に続き「みんな分かってるね?」という感じでこちらも「体の基本は!?」「医食同源~~~~!!!」のコールアンドレスポンス。玄武くん由来ながらコールアンドレスポンスとして意味不明なやりとりがめっちゃ楽しいww

神速コンビのやりとりに「いいなぁ~そういうのあってズルいなぁ~!」と声をあげる狩野さん。「最高のおもてなしを披露しよう」とのあいさつに一同歓声。

続く天﨑さん、どの台詞だったか忘れたけど、東雲さんの関西弁混じりの台詞をネイティブなイントネーションで披露して一同大歓喜。ご本人の普段の話し声はキャラの声よりかなり高めでふわふわ。そのふわふわな高音で「みなさ~ん、Café Paradeは好きですか~?」と訊いてくれました。それに対して「大好き~~~~!!!!!」と応える観客一同。

古川さんは最初挨拶に入るタイミングを見計らってちょっと戸惑ってる感じでしたが、「ッナーーッハッハッ!!!!」とものすごい声量での高笑い。「こんなに沢山の主たちが来てくれて…大丈夫?主苦しくない??」とキャパぎゅうぎゅうの会場をいたわるコメント。古川さんご本人の全体の空気を見通して細かく気を配れるセンスと、キャラクターを大事にしたサービス心の溢れたあいさつでした。

児玉さんは「きょうケーキ食べてきた人ー!?」と質問(もしかしたらこのやりとりはその後の質問コーナーだったかも…忘れた……)。そこそこの人が「ハーイ!」と声を上げる。「そんなボクもきょうの朝ごはんはケーキです!」ととにかくアグレッシブなあいさつ。

小林さんのあいさつはすみません内容忘れました……でもとにかく誰が話してる時でも内容に色々反応したり、BGMに合わせて踊っていたり(そしてそれにノる児玉さん)、終始可愛くノリノリでいらっしゃいました……


全員の挨拶が済んだところでイベントのオープニングコール。
THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE 09,10 発売記念イベント スタート!」のコール。客席も「スタート!」のところで声を合わせます。
webメディアのレポートでも写真が出ていますが、この時の狩野さんと天﨑さんの片手をあげたポーズがとても優雅!このふたりはそういう決める場面場面での、キャラというかユニットイメージに合わせた立ち居振る舞いが多かったなぁ。
一方で古川さんはこの場面で全力でマイクを観客席に向けていたように、とにかく観客を大事にした振る舞いがとても多かった。他の人の話を聞くときでも片足半歩前に出して、喋ってる人の方をすごく見てたりして、ものすごく周りに気を張り巡らせてる感じがしたなぁ。


続いてプロデューサーへの質問コーナー。

まず益山さんが「きょう北海道から来た人!」と訊くと、何人か手が挙がる。
「おぉ~!」のどよめきに混じり古川さんが「北の大地の民!」のひとこと。笑
深町さんが「(益山さんの出身地の)沖縄じゃなくて良いんだ?」と訊くと、益山さんが「きょうは朱雀が大事だから良いんだよ!」とPを泣かせる発言。
それを受けて今度は「沖縄から来た人~!」と訊くと、やっぱり何人かいる!
益山さんが嬉しそうに「めんそ~れ~~」と言うと、同じく沖縄にルーツがある狩野さんが「ようこそ~~」と標準語に翻訳。「それしかないけど(笑)」と苦笑。

次に内田さんから振られたカフェパレチーム、天﨑さんが「リーダーが訊きたいことがあるんですよね!?」と狩野さんに促す。話を振られた狩野さん、なんか緊張しているようで「忘れた!」みたいなことを言ったのちに思い出して「きょうが楽しみで眠れなかった人~!?」と質問。
これは結構手が挙がる。かく言う自分もそのひとり…(というか、神谷イベ走ってたからですが……)
狩野さん、「僕も緊張して眠れませんでした!」のひとことに続けて、「みんな、夜更かしはダメだぞ?」とちょっとキャラ声で注意。
「人の事言えないでしょう(笑)」という感じで天﨑さんからツッコミ。


続いて、「ST@RTING TALK」と題して、それぞれのユニットの楽曲と衣装の話。

まずCafé Paradeに対し、一番手で会場に出てきて、完全にCafé Paradeの空気を作り上げたことに対する賞賛が内田さんと神速チームからあり、「でもものすごく緊張した!」とカフェパレチームから。
神速チームは完全に空気がカフェパレになってしまっていてすごく出づらかったとのこと。
でも神速チームが登場した途端、「プロデューサーさんたちが一瞬で番長さんになった」と深町さん。
「神速一魂の曲はコールがあって完成する。全力でコールに応えてくれた。コールの圧がすごい!」と益山さんが続けると、
「カフェパレも舞台袖から『オイ!オイ!』してた」と小林さん、「俺も楽屋で『オイ!オイ!』してた」と内田さん。笑
「神速一魂の曲は"ライブ"という感じ。Café Paradeの曲はコールを入れるところは少ないかもしれないけど、"ショー"のようにおもてなししたい」と狩野さん。

そういえばどこかで狩野さんが先走って次の話題に行くような感じで内田さんに話を振ったり、緊張してるのもあるんだろうけどほんとフリーダムなトークをしてたな……ww
それに対して「リーダーだけ先に打ち合わせしてたの!?」「汚い!」となじるカフェパレメンバー。

それから、曲名の《Café Parade!》とユニット名がややこしいという話。
でもユニット名と同じタイトルですごく気に入ってるとの話がカフェパレチームからあり、狩野さんが「曲名にはこう、びっくりクラメーションマークがついてますもんね!」と謎発言。
それに「はっ?」「エクスクラメーションマーク?」「クエスチョンマークはついてない!」「『Café Parade!?』みたいな感じになっちゃうよ!」とどよめく一同。
ニコニコしている狩野さんに「どうにかしろこのリーダー!」と内田さんから一喝。

あとは内田さんがカフェパレのダンスが華やかで良いという話になったときに、サビの部分のお盆を持つような仕草で左右にステップするところのダンスを真似してみたのですが、掲げてないほうの片手にマイクと進行台本を抱えて持ったため、なんか動きがゴチャゴチャに……
それに笑う一同を見て「仕方ないだろ!ひとりの司会に慣れてないんだよ!」と内田さん。笑
益山さんが見かねてマイクを持ってあげたのですが、なんか身長差のせいでマイクをすこし見上げる感じになってしまっていたのが可愛かった……笑

2組の話を受け、内田さんが「SideMはぜんぜん違うタイプのユニットを組ませるところも魅力だけど、今回は特に異色。ヤンキーとカフェ店員だもんな~!」「そういえば前も教師と生徒みたいな組み合わせの時があったな、その時も曲名に自分たちのユニット名をつけてた…《Study Equal Magic!》とか言う……」と、S.E.Mの話題を出すと、小林さんが端っこで《Study Equal Magic!》のタケノコダンス。
一番端と端にいる内田さんからは小林さんが見えづらいようでしたが、それに気付くと「中島ヨシキに言いつけるぞ!」とツッコミ。
それに対し「良いよ別に 『ありがとう』って言われるだけだから」と小林さん。

衣装の話、まずカフェパレの衣装が全員色も違って凝ってるという話。
暑くない?と振られ「めちゃくちゃ暑い。終わったときには全員汗だくになってる」という話から「汗パレード」とイジられるカフェパレチーム。笑
小林さんが「特に自分の衣装は全然開くところがなくてめちゃくちゃ暑い」と。確かに……!

神速一魂の衣装は刺繍がカッコイイという話から、深町さんのお気に入りポイントは指ぬきグローブ!という話に。
指ぬきグローブにもスタッズがついていたり、いろんな所にトゲトゲがついてて危ないよね(笑)と内田さんが振ると、益山さんが
「だから当たらないように気をつけようねと話している。神速一魂の振付は肩と肩がぶつかり合ったりするような部分も多いけど、こう、グイッと行くときも、痛くないように、こう(ゆっくり深町さんに肩を近づけるジェスチャー)優しく」とコメント。
そこに狩野さんが「神速ふたりは練習ができてるから大丈夫だけど、練習してないココ(自分と深町さんを指す)当たる」と深町さんの肩についたトゲトゲを警戒。
それに「ヤバイそこ一番気をつけなきゃ!よそのユニットだから!!」と慌てる神速ふたり。

それから、前述のとおり《バーニン・クールで輝いて》の台詞部分を特別仕様にしているという話から、あそこでふたりが後ろを向いて腕をクロスさせるのがカッコイイ、やってみてと促す内田さんと狩野さん。
そしてふたりが腕を組んだのを見て、ドヤ顔でふたりの間から顔を出しピースする狩野さん。自由すぎる!
そこにカフェパレチームがわらわらとやってきて、やっぱり間から顔を出したり、「靴のスタッズがカッコイイ!」などと思い思いのことをするカフェパレチーム。やられたい放題の神速ふたり。笑

あとはなんか流れがよくわからなかったんだけど、古川さんが何度も「俺やっぱりそっち(神速)な気がする……」と言っていた…あれは声量的な?それとも色的に紫が赤と青の間だから?笑


続いてのコーナーは「出張版 理由あってハードル!」ということで、315プロNight!内のゲーム挑戦コーナーをユニット対抗で行います。
「今回神速一魂とCafé Paradeが挑戦するゲームは、神速一魂の力強さとCafé Paradeの元カフェ店員ということにちなみ、『抱っこスイーツゲーム』~~!!!」と内田さんからアナウンス。これにポカンとする神速カフェ一同。
「この対決は要するに、お姫様抱っこしながら食レポをするというものです」と続けて内田さんから説明。客席一同「ヒャ~~~~!!!!!」と歓声。

まずは役割分担。抱っこ担当はカフェパレチームは古川さんと狩野さん、神速チームは益山さんと告げられます。
「カフェパレチームは見ての通り、非力なカフェ店員なのでふたりがかりで抱っこしてもらいます」と内田さん。
「トレーしか持ったことないですからね」と狩野さん。本当に自信がなさそう……

次にレポート担当。これは小林さんと深町さんが指名。
そして残った児玉さんと天﨑さんには、あーん係が言い渡されます。

それぞれにスタンバイする中、神速チームがスタジャンを脱ぎ、Tシャツ姿に。
想像以上に益山さんが良い筋肉をしていて、悲鳴が上がる会場。
内田さんが益山さんの背中を触り、「うちの宗悟もガタイはかなり良いんですけど、これは危ういかも」「沖縄人はすごい」とコメント。
それを横目にやはり沖縄ルーツの狩野さんがマッチョポーズをしてみるものの、どう見ても細いww
「細い」「脚が変なんなってる」とツッコミを受けるリーダー。

「この対決もさっき神速のジャケットを持って行った人が考えてるから、みんなでありがとうを言いましょうね」と内田さん。
偉い人が服回収してたんですね……!

それから抱っこされる側だけど深町さんも良い体をしているという話で、マッチョポーズを取ってみる深町さん。確かに!
対抗してやはり小林さんもマッチョポーズを取りますが、「抱っこされる側だから」とツッコミを食らうふたり。

そんなこんなしてる隅っこで、渡されたスイーツをこっそり黙々と食らう児玉さん!
それに気付いた内田さんがツッコむと、横にいた天﨑さんをはじめカフェパレメンバー一同が児玉さんを隠してかばう。
「スイーツなくなっちゃう!」「お前らほんとゲスパレードだな!」と内田さん。

まずはカフェパレチームから挑戦。狩野さんと古川さんが小林さんの頭と脚の方に分かれて抱っこするものの、バランスが取れずめちゃ苦戦…途中から天﨑さんも加わるもののやっぱりバランスが悪い。
「顔が、顔が見えない~!」と小林さんから苦情。
そんな中児玉さんはマイペースにスイーツをつまみ食い。
早く小林さんにあーんさせなきゃ!と言われてるのに、抱っこしてるカフェパレメンバー全員にあーんした後、最後に小林さんに食べさせる。
小林さんがむせて「ゴ、ゴホッ…」と言ってる間に「終了~~~~~!!!」と内田さん。
終了の合図の後「チーズが濃厚♡」と小林さんが一言。(チーズケーキみたいなのだったのかな?)
しかし狩野さんと古川さんの抱っこの下手さに小林さんから強烈な苦情。苦しそうだった……笑

続いて神速チームは益山さんが深町さんを軽々とお姫様抱っこ。これには称賛の声が上がります。ほんとにすごい!
今度は天﨑さんがあーん係なのですが、やはりカフェパレメンバー、それから内田さんと一頻りスイーツをつまみ食い。
深町さんから「うちの相棒の腕がプルプルしてるから早く!!!」と焦りの声。
やっとのことでスイーツを口にした深町さんから、「あの、お姫様抱っこされたの初めてで、不思議な気持ちになりました…!」とスイーツとは関係ないものの百点満点なコメントに一同絶賛。

そしてジャッジタイム。プロデューサーの拍手の量と内田さんの独断で勝敗が決まります。
まずはカフェパレチームへの拍手。予想以上にまばら!笑
続いて神速チームへの拍手。圧倒的な量の拍手で、ステージ上を手を振りながら端から端まで歩く深町さん。
「なんかひとりでウィニングランしてるけど、頑張ったのはまちゅやんだから!」と内田さんからツッコミ。
内田さんのジャッジもやはり神速チームにくだり、抱き合う神速ふたり。そこにカフェパレチームも混ざり、なんかよく分かんないけど全員で勝利したみたいな感じで各々抱き合うステージ上の一同。
ほんとにカフェパレチームがふざけだすと、場がしっちゃかめっちゃかになるww

そんな感じでワチャワチャしてたら、右端に小林さんと益山さんという珍しい組み合わせが集まり、そこ珍しいなと内田さん。
そこに深町さんが加わり、児玉さん、古川さんが加わりとなんやかんやでステージの右端で集合写真みたいな感じになる一同。
「心のシャッター押して!」と内田さん。
やっぱりシャッターチャンスだったようで、各メディアのレポートにもこの場面の写真が使われてましたね。
ほんとに自由で楽しい場面でした~


次に告知として、5月19日に第6回ニコ生の話。
これはあまりの日程の近さに会場どよめき。
「出演は、DRAMATIC STARS、他!」と内田さんが告げると、「他!?」と自分を指差す小林さんと児玉さん。
「スケジュール空けとかなきゃ」「あぁ、例のスタジオね」と行く気満々の狩野さんと小林さんにツッコむ内田さん。
この流れバイジョのリリイベでも見たなww


そしてまたライブコーナーに。
2曲目は神速一魂からということで、袖にはける内田さんとCafé Parade。
やっぱり狩野さんがなかなか帰らなくて小林さんに引っ張られるww

次の曲は全員でタイトルコールをしましょう、ということで、「破羅駄威棲」の部分を言ってねと神速のおふたり。
「わかる?漢字の部分ね」「漢字のところと言っても、(タイトルの)漢字のところ全部じゃないから(笑)」とひとボケ。
神速一魂が「オレたちの最強伝説、一世一代、」と言ったところで、「破羅駄威棲~~~~!!!!」と返します。


03. オレたちの最強伝説、~一世一代、破羅駄威棲!~



タイトルコールに続いて、ふたりが手を挙げて「宣誓!」の台詞からスタート。
カウントとか何もなかったのに、台詞の言い始めがキチッと揃っててすごかった…あれはイヤモニとかしてたのかな?あれくらいの会場だとイヤモニしてないかなぁと思ったんだけどどうなんでしょう。
この曲もバーニンクール同様めちゃめちゃ煽られるし、振付がめっちゃ激しい。
わたしこの曲をリリイベで聴くのほんっと~~に楽しみにしてたんですが、なんかペンライトが絡まっちゃってモタモタしてたのと、コールのタイミングの難しさと、テンポの速さであれよあれよと流されてしまって……すごく不完全燃焼……
せっかくのオルスタなので、バイジョリリイベの時の《JOKER↗オールマイティ》ぐらい気持ちよくノレればな~と思ってたんですが、練習が足りなかった……!
ほんと2nd LIVEではこの不完全燃焼を解消したい!絶対行きたいぞ……!
そういえば315プロNight!で「タオル回して」って言ってたけど、結局誰もタオル回してなかったなww
振付で特筆すべきは技名を叫ぶところの益山さんの「天空朱雀落とし!」のかかと落とし。思いっきり脚を振り上げててすごかった……!
それから「キュートなGOOD SMILE♡」のところ。わたしここはハートマークもついてるし、S=Mの「君の『面白いから』~」のところみたいな可愛い振付で来るかな~と思ってたんですが、後ろ向きから顔だけ振り返ってめちゃめちゃいい笑顔!親指も立ててたかも。「GOOD SMILE♡」というより「GOOD SMILE!!!!!」って感じでした笑


神速一魂のふたりが退場し、Café Paradeチームが再登場。
「すごいね~神速!みんなで拳振り上げてた!」とカフェパレ一同。
「練習の時に一緒だったんだけど、神速の振りに合わせて『オラオラ』してた。リーダーがいちばん振付おぼえたんじゃないかな」と小林さん。狩野さんがホラホラ~と振付を真似していたというのを真似してみる小林さん。

「さて、神速一魂のライブから今度はCafé Paradeのショーにね」と、さっきあったやり取りを繰り返し、半ば強引に話を次の曲に持って行こうとする狩野さんに「リーダー、話が雑!」とツッコむ小林さん。
全体的に狩野さんと小林さんでワチャワチャしてるので、一番端で狩野さんが向いている方と反対方向にいた天﨑さんが痺れを切らして「こっちも見て!!!」とアピール。
その後、天﨑さんを狩野さんやみんなで慰めてなんか抱き合ったりワチャモチャ。

「ではCafé Parade、フォーメーションβ!」と狩野さんが言うと、「フォーメーションβってなにww」と総ツッコミを食らう。
《A La Carte FREEDOM♪》の並びのことらしく、今度は狩野さんがセンターに。
それぞれの持場についてから小林さんが「さっきの(《Café Parade!》の配列)がフォーメーションαだったの?」とまた話を蒸し返し、なかなか曲が始まらなくなる流れになるも、強引に止められる。笑
「みんなでタイトルコールしよう」との狩野さんの呼びかけで、観客席も一体となってタイトルコール。


04. A La Carte FREEDOM♪



この曲の振付はミュージカルっぽい仕草もあり本当に楽しい!
サビの一人ひとりで歌うところで、歌う人にスポットが当たるのが良いです。
最初のサビからアスラン・巻緒パートに入るところで急に大歓声。確かに古川さんと児玉さんのオンステージでした。
アスラン語の通訳をしてるときの児玉さんの振付がちょうかわいい!後ろの3人はS.E.MのS=Mの「錬金術、知ってっか~?」のところの榎木さんと伊東さんみたいにゆらゆら揺れたり、幽霊みたいに手を前に垂らして左右に揺れたりしてます。
「紅き涙~」のところで紅茶のジェスチャーをするんですが、親指と人差指でカップをつまむジェスチャーがエレガント。
リーダー神谷パートはコーラス部分を客席も一体になって歌う。カフェパレはコールを入れるところが少ないと言ってたけど、バッチリ合いの手入れられてます!
「じゃ~~いってきまーす 北へ~~!」でステージ・客席から一斉にツッコミを入れられる神谷幸広(の中の人狩野翔)は圧巻です。笑
神谷にツッコミを入れた後、見事に最前列に出てる小林さんと天﨑さん。あのフォーメーションチェンジの自然さは見事……!
咲ちゃん・東雲パートもコーラス部分は観客席が。「パピッ!」の部分はライブではどうするのかな~と思っていたのですが、なるほどPたちが入れるというわけか……
個人的に印象に残ってるのは「なりたい 自分 なっちゃえば 良いんです」のところで好き勝手に振る舞う後ろの3人。
真ん中の狩野さんが紅茶を淹れて飲むジェスチャーをしてたのはわかったんだけど、両隣の古川さん・児玉さんも全く別の動きをしてて(おそらくキャラに即した振付)、カフェパレの好き勝手さが出ててめちゃめちゃ好きだったところ。
「一緒に~!」のところで全員がステージ中央で肩を組み、「俺たちと、お客様!みんな一緒に…『We Are Café Parade!』」と叫ぶところはすっごくライブ感あって良かった!ミュージカル調なんだけど、ライブの終盤でTシャツ姿で肩を組んで歌うCafé Paradeが見えるようだった…早く大きなライブ会場でぜひ見たいところ!
曲の終わりにも全員がまた集まり、深々と頭を下げ(しゃがんでたかも?)たかと思ったら、全員手を繋いで思いっきり上に掲げてあいさつ。予想外のライブ感にすっごく感激しました……!優雅なだけじゃなく、やっぱりこういうライブの高揚感みたいなのがすごく良いので…振付でそうなってても、めちゃめちゃ良いシーンだったよ……


曲が終わり、内田さんと神速一魂のおふたりも再度ステージに登場。
内田さんがドラスタのリリイベを思い出し、「忘れもしない」という言葉を使って振り返っていたのが印象的。

そして、最後のあいさつに。

益山さんの、「本当に、人生で一番いい日でした!」との言葉にすごく胸を打たれる。
「これからも神速一魂は、日々の生活に元気とバーニン!を与えていきたいと思うので、今後とも応援してくれるかな!?」との問いかけに、みんな応え方がわからず、「うぉー!」「いいともー!」「バーニン!」などとぐちゃぐちゃな感じになってしまい、ちょっと失敗したという感じの益山さん。でもめちゃめちゃ良いこと言ってます!

その後の深町さんはそれを踏まえ、「『神速』と言ったら『一魂!』と返してください!」と見事にコールアンドレスポンスを決め、綺麗に締め。それを見た益山さんが「そういうのがやりたかったんだよ!」と悔しがる。

狩野さんからは「おもてなしをするつもりが、こちらがおもてなしをされてしまった」との言葉。
あとなんか、ちょっと顔をしかめながら冗談交じりに語気が強い感じで何か言ってたんだけど、忘れてしまった…すみません……
普通に挨拶を終えて一歩下がると、隣の古川さんから「名前言わなくていいの?」と言われ、手を挙げて「狩野翔でした~~!!!!」と元気に挨拶。我らがリーダー最後まで元気、そしてフリーダム。

狩野さんに「満足した?」と訊いてから古川さんがあいさつ。「誰も自分の名前言わないから……」と流石に全体を見ているなあというフォロー。落ち着いた方です。
「今汗だくです!正直ダンスも間違えましたよ!」というぶっちゃけに、「俺も間違えた(笑)」と隣の狩野さん。
でも本当に楽しかった!という旨のあいさつのあと、「古川慎でした!」としっかり自分の名前を述べてました。笑

天﨑さんは再度「Café Paradeは好きですか~?」と問いかけ。
「ここからプロデューサーさんたちの顔が本当によく見える。きょうは全員の顔を見て帰る!全部見た!」と勢い良く。
「『全員』じゃないんだ(笑)」と小林さんからツッコミ。

児玉さんもそれを受けて、「こういうステージに立つのは本当に初めてだったんですけど、本当に後ろのかたの顔までよく見える」とコメント。
こういうステージが初めての方も何人かいらっしゃるんでしょうが、でも今回のメンバーは全員めちゃめちゃ落ち着いてたし、自由奔放だったな。笑

小林さんからは「みんな良いこと言っちゃったから言うことない」と言いつつも、昨晩カフェパレチームで集まって練習してた話が。
前日古川さんは関西の同志社大でトークショーだったはずなので、それが終わってから集まってくれたのかと思うと、本当にこのイベントのためにありがたいなぁと言う気持ちに……
「でも見ての通りこのメンバー、集まると全員好きなことしだすんですよ!」と言う小林さんに一同爆笑。
「でもこういう自由なメンバーがCafé Paradeに選ばれたんだ」という言葉に、ワケ生のときからキャラクターのことをすごく真摯に考えてた小林さんのことを思い出す。
キャラクターとしてのCafé ParadeとCafé Parade声優チームの自由さはだいぶ違うとは思いますが、初めてのステージでも、先にSideMのステージに立っていた内田さんたちといても物おじしない豪胆さ、自分がそうあって欲しいと思う強いCafé Paradeを任せられるな~っていう頼もしさに、うまく言葉にできないけどすごい安心感をおぼえました。

そして最後に全員で《DRIVE A LIVE》を披露。
内田さんの「やっと歌える~~~!!!!」という絞りだすような感慨を込めた言葉が良かった。


05. DRIVE A LIVE



この曲ではまず後列に児玉さん・益山さん・深町さん・小林さん、中列に狩野さん・天﨑さん、前列に内田さん・古川さんが並ぶ(2番は前列と後列が交代)。
そうなんです、思いがけずこんなところで桜庭薫・アスランの26歳歌ウマ組のツーショットが実現してしまったのです……!
今後もライブや次回以降の楽曲展開でこのふたりの歌が聴けるのがとても楽しみ……!
この曲は音程が低いので、ちょっと大変そうだな~というところもありました。
でもとにかく印象的だったのは、ライブの回数を重ねることで定着していったコールでしょうか。
バイジョのリリイベの時にはまだあまり大きくなかったコールが、大きな声で合ってるのを聴くと、こうやって自然発生的に定着していくものなんだなぁとしみじみ。


《DRIVE A LIVE》も終わり、最後の最後にお決まりの「アイマスですよ、アイマス!」で締め。
この時、ハスに構えて後ろの手を高く上げ、マイクをまっすぐ客席に伸ばす狩野さんと天﨑さんが印象的でな……
繰り返すけど、このふたりは要所要所にそういうエレガントな振る舞いを挟んでくれて、ユニットやキャラの持たされてる役割をすごく意識していたなぁと思う。



自分はSideMのサービス再開当初からずっとCafé Paradeを応援していて、徐々に展開していくコンテンツの中で「いつかカフェパレにも声がついて、CDが出て、お渡し会があって、リリイベやるんだろうな」って当たり前のようになってましたが、遊びはじめた頃にはまったく想像だにしなかった展開に、今更ながらコンテンツの急激な成長を本当にリアルタイムに追っているという事実を再確認しました。
当たり前といえば最後の挨拶の際、みんな「またライブで!」や「2nd LIVEで!」というように2nd LIVEが当然あるようにお話されていて、まだ発表こそされていないものの、2nd LIVEが本当に現実的に、楽しみになってまいりました……!
あ~~~早くライブ見たい。やっぱりライブっていう空間の共有は「好き」って気持ちをめちゃめちゃ高めるな~~とおもいました。

余談ながら、今回のリリイベでは色々と偶然が重なって、同担のPのみなさん(しかも全員その時イベント100位以内)とある意味日本一濃い空間を形成してみたり、会場内で前の人の携帯にわたしのTwitterのアイコンが映ってると思ったらわたしにリプライ送ろうとしてたり(フォロワーの人でした)、また逆に後ろの人に「Twitterで見たことあります!」と声をかけられたり、P同士で交流があったのも自分的にはすごい革新でした…ぼっちマスターなので……
それだけこのジャンル内で長い時を過ごしてきたんだなぁという感じがします。こんなに長いこと夢中でいるジャンル久しぶりなので……感慨深いです。出会いって素敵だよね(神谷顔)
まだまだSideMに冷める気配がないので、今後ともコンテンツがどういった躍進を見せてくれるのか、マイペースに追っていきたいなと思います。


ご清聴いただきありがとうございました!
以上、レポというか感想文っした!